​住法律事務所のブログ

November 8, 2018

 

 今回は,民法(債権法)改正の内,法定利率制度の改正について触れたいと思います。

 旧法では,法定利率は5%とされていました。

 しかし,年5%という利率が,不景気や金融緩和の影響もあって低金利が長く続く状況を反映しておらず,法定利率を下げるべきとの議論が起こりました。

 

 そこで,今回の改正においては,今後の金利の変動等に適切かつ柔軟に対応するため,変動制が採用されました。

 なお,今回の改正に伴い,商事法定利率に関する規定(旧商法514条)は削除されました。

 変動制の内容について説明します。

① 当初は年3%の利率で開始する(404条)...

Please reload

お知らせ

お盆の営業について

August 5, 2020

1/9
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload

米子市東福原1-1-22

米子ウエストビル4F

​0859-36-8370